WSSF

World Social Science Forum 2018

Sep, 25-28, 2018 FUKUOKA, JAPAN

Security and Equality for Sustainable Futures

Read more

Japanese/日本語

ご寄附のお願い


第4回世界社会科学フォーラム(WSSF2018)へのご寄附のお願い

謹啓
時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
世界社会科学フォーラム(WSSF)の日本初開催にあたり、格別のご高配を頂き深謝申し上げます。

世界社会科学フォーラムは国際社会科学評議会(International Social Science Council, ISSC)の事業で、社会科学・行動科学系の国際学会世界大会としては最大規模のものです。3年に一度世界中から1000人もの研究者や政策担当者、実務家が集まり、世界の喫緊の問題と実態を捉え、国際研究プログラムFuture Earth に代表されるような学際型研究や、non-academicを巻き込むtransdisciplinary(超学際) 型研究とも融合して、具体的な政策や解決策を提案し、将来の研究課題を提示する、特徴的な国際会議です。

アジア初開催となる今大会『WSSF2018』では、“Security and Equality for Sustainable Futures (持続可能な未来のための生存・安全の確保と平等)”をメインテーマに、 世界中が直面している人間の安心、安全、生存基盤の確保という問題に迫ります。 社会保障や地政学的な安全保障のみならず、「バイオセキュリティ」「サイバーセキュリティ」等も含めて“Security”をどうすれば持続的に保障できるか、また多様性を維持しつつ“Equality”と持続性の危機を打開するにはどうすればよいか、研究発表と議論が行われます。 国連の『持続可能な開発のための2030アジェンダ』のゴール達成に向けても、大会サブテーマの一つに掲げ、社会科学系分野の力を結集して寄与することを確約します。

当大会には旅費奨学金制度等を設定し、開発途上国からの発表者や次代の社会科学、人文科学を担う若手研究者へ経済的支援をさせて頂き、参加を広く奨励する計画です。 また、大会併催予定の市民公開講演では大会基調講演者を招へいし、関心の高いテーマに則した報告、解説を通じての社会還元を目指します。

誠に恐れ入りますが、当大会開催を成功に導くにあたり、ご寄附のお願いをさせていただければ有難く存じます。 開催趣旨をご高察の上ご協力を賜りますよう、何卒どうぞ宜しくお願い申し上げます。

謹白

第4回世界社会科学フォーラム(WSSF2018)
国内組織委員長  宮本一夫
財務委員会委員長 中野 聡

ご寄附をお申込みいただける場合

寄付者様(個人様・法人様)がご寄附に対する税制上の優遇措置を受けられますよう、『WSSF2018』への寄附金の受け入れは、独立行政法人国際観光振興機構(日本政府観光局、JNTO)に委託いたしました。
お手続につきましては、下記の『寄附金お手続の流れ』をご欄いただき、『寄附金申込書』をダウンロードの上ご使用くださいますようお願い申し上げます。

  • 寄附金申込書送付先

    〒160-0004 東京都新宿区四谷4-1-1
    独立行政法人国際観光振興機構
    コンベンション誘致部市場戦略グループ